So-net無料ブログ作成
検索選択

2-3 [blog]

170129_1332~004.jpg

仕事なのかデートの誘いなのか
よくわからないメールがきて困惑。

NHKで「洞窟おじさん」完全版。
犬との友情や山川での開放的な生活
彼を取り巻く人々の悲喜こもごも。
芸達者なリリーフランキー。

近所の多摩川で浮浪者のおじさん達が埋葬した
猫の墓を見る。

帰りの電車に片岡鶴太郎と草間 彌生の広告が並列。

VOGUE誌の外人モデル批判、
かんざしのさし方がおかしいと
カルーセル麻紀女史の指摘に納得。

IBMのスカウトメールがくる。
Mさんのように素晴らしい元社員もいれば
3バカのような輩社員も多くピンキリ。

金融からロボット開発までの職種見ながら
悪戯で鼠小僧、五右衛門ボットでもつくろうかと思った。

バレンタインに女子に加え男子からチョコをいただく。
斜め上な展開。

エレベーター待ちでたまに一緒になる、おねいさんに
「明日、チョコください。」とか言ってみる。

中西さんが死去。
fbでバウハウスのアーカイブをシェアしたら
なかなか喜んで
お礼なのかビートルズのレア動画でコメント。

川勝さんも逝ってしまったので、きちんとした文化継承者が年々少なく。

任天堂やナムコの社長もひっそりだったが。
パジャマ姿のリュウホセイを弔うアムロの心境。
本人は望まないかもしれないが国葬クラスなような。

トランプよりスパイサー報道官と外交進めた方が良さげだった。

谷口ジロー氏が死去。
ヴィトン、ESAPSで回顧展行われるといいなあ。
「地球氷解事紀」の続編が読みたかった。

コトブキヤで
プラレス三四郎、リアルスティールばりのロボットバトルを拝見。
viva2000年代。

老若男女のロボット開発者による機械人格闘技。
何度も倒れても幾度となく起き上がる機人に萌える。

脱力タイムズの品川いじりに笑い転げる。
同棲中の愛猫が傍観。

女子美に続いてムサビの卒展。
この時期のスパイラルは卒展の嵐。

節分イベントに遭遇。
福徳円満福神御像をいただく。

hさんと新宿で打ち合わせ。
待ち合わせのアルタ前で高田純次、柄本明のツーショットに遭遇。

著名人や大御所作家、芸能人とたまに仕事することもあるが
一緒に写真撮ったりサインもらったりはあまりせず。
しかし、このナイスミドルな組み合わせは稀有でパシャリ。

ドライカレー食べながらMGやらアニメコンテンツ話。
hさんの後輩、同期の佐野健二郎、佐藤可士和話。

反町隆史の飼ってるドーベルマンが可士和氏の嫁さんを噛んだ事件や
オフィスのイス定規並べ
グッドデザイン展の雑な仕事ぶりに最近しょっぱいよなあなどと思いつつ
shimanoの釣り具や近所のふじようちえんの仕事は良かったと思った。

ワイアードのスノーデン記事を読む。
「エネミーオブアメリカ」のウィルスミスを呼んであげたくなった。

青学の前を歩いていたら学生に間違えられる。
嬉しいような、やるせないような。

木曜のみ開店の店で焼き餃子。
ひとりで切り盛りしてる店で部屋のような内装で
メニューに合わないジャズを聴きながらほくほくと。

オフィスに戻る道すがら長身のセレブ外人とすれ違う。
「たまには庶民的な味もいいね」とフィッシュ&チップスを食べ歩き。

伊丹十三「タンポポ」と神足&西原著「恨みシュラン」
「深夜食堂」「趣味の問題」「Bella Martha」の五つセットで薦めてあげたくなった。

時間短縮で
どんぶりに高級寿司、味噌汁を一緒に入れて食べる
高須社長を見ながら
お金持ちのほとんどが幸せになっていないのは
人生を愉しむゆとりを持ち合わせていないからだろうかと思った。
食事の仕方に半生が反映。

伊藤さんが最後の晩餐はたまごかけごはんと書いていて納得の1品。
素朴なソウルフード。

好きなひとと美味しいものを食べる至福。

西野の絵本は図書館で読めばいいと思った。

hさんのはからいでY社の内覧会。
5時からのワイン。
オードブル食べつつ雑談、歓談、営業。
これだけひといれば知り合いに遭遇しそうだったが
面識ないひとばかり。

サーファーの部長と「ハートブルー」話。
外人プログラマと日本のゲームづくりについて語る。

Eテレでギリヤーク
大道芸人。

bookoffでアーキラボの図録美品200yen
既に持っていたが、あまりの安さに2冊目購入。
高価な品が店員が価値知らずで
とんでもない値段で扱われてることも数知れず。

ウォーホルの絵に上質な紙と称して
自分のサインを書き込んでいた三代目魚武のパフォーマンスとか
思い出しながら人それぞれの価値観の変遷を思う。

「FAKE」の幕切れ解説読みながら
真相を知るは飼い猫のみのような気がした。

オヒョイサン死去。
ドリフの振り付けもこなしていたとは。
オシャレな人だった。

NTT ICCでデジタルシャーマン展。
ショートカットがキュートな市原歌織女史a.k.a.市原えつ子。
アナログの儀式をデジタルを通じて別角度から再認識。

講演後の質疑応答であった食事話で
ゼリーよりも手の込んだ料理を楽しむという
不合理な食べるという行為が特別なのを改めて考える。
人間らしさはこういった無駄や、余裕にあると改めて認識。

gggの図録とポストカードを買う。
スタッフの方の珍しいデザインの服が面白く
話しかけると10年大事に着ている一品とのこと。

ファッションの変遷を省みながら
誰の予測もつかない未来の流れを感じた。

量子学で死後の世界が実証される。
晩年、エジソンやコナンドイルがオカルト研究にいそしんでいたが
後にはジョブズも癌を精神論から克服しようとしていた試みもあった。

Macの元をつくった富士ゼロックスの開発者は、もっと評価されても
いいはずだが舶来品に弱い国民性を垣間見る。

宗教が人を救ったり争いの元になってる話をKさんとしながら
人工知能が宗教、政治をどう捉えるか話してみたいと思った。

立川には幸福の科学、真如苑、創価学会などの新興宗教施設がひしめきあっていて
うちのまわり○○のひと多いんですよね。と話しかけたUさんが
僕もそうかもしれないよ。と言い出してびっくり。
某団体の幹部の弟さんだった。

政教分離に違反していたり
考え方やものの捉え方が偏るので、そういった類とは距離を置いている。
お金が絡むのもおかしいし。

大川隆法より大川総裁の善行を見る。
やさしい芸人魂。

審査員からひめゴト接待を要求されてキッパリ断った日本画家と
政治と宗教の話はタブー話しながら
風にスカートがひるがえって白いガーターベルトがチラリ。

だだっ広い国営公園で煙草をくゆらせ
ちょっと恥じらいながら裾をおさえる美人画家を眺めつつ
アーティストは下着からエレガントだなと感心した。

何者にも屈しない属さない
天国と地獄のエージェント、コンスタンティンをふと思い出した。

チェーンスモーカーで真っ黒な臓器を悪魔に掃除され
禁煙ガム噛みながら今日もどこかで、やさぐれエクソシスト。

サタニスト一家を間違って狙ってしまった詐欺集団が
地獄に連れ去られるという話が浮かんで
もとは天使だった悪魔の概念で罪びとを罰する仕組み、役割があるのかもと思った。

神様なんてのがいるかわからないが
いたら、もう少しみんなにやさしくしてやってくれと思った。

大瀧詠一も住んでいた瑞穂町の片隅には
十字架と仏像がずらりと並んだ撮影禁止の不思議な場所があって
異なる国の文化交流が興味深い。

福島の廃炉ロボットプロジェクト話で
国内の有能優秀な人材、人格者、企業の紹介。
人命にかかわる課題、命題。

きょうび、やーさんより一般企業や政治家の方がタチが悪かったり
もはや国には任せられないと動く出井さん孫さんが浮かんだ。

「芸人たちとチャイルド11」を見る。
芸人が子供に教える人生訓。
しっかりした子が多く
どちらが子供か立場が逆転で笑う。

駅前のアダルトショップがVR対応になっていて感心する。
エロスとテクノロジーの進化は比例。

水戸黄門、鬼婆から裸芸まで
原田龍二の幅の広さにクスクス。

十数年前の仕事でお世話になった方から救援要請。
現状、仕事に見切りをつけて赴くも、大いなる矛盾が待ち受けていた。
エンタメ業界に根強い、だらしない勤怠管理からの改善を試みる。
限られた時間で完成されたものをつくるプロ意識の推進。

近所の某所でパトレイバーのメンテナンスに遭遇。
Patin PVにも協力していただいた東北新社やオムニバスジャパン
佐野のイベント話。

企画中のエグゾスーツ映画でのプロップ活用を検討しながら
予算、期間の算出。
現場サイドからの情報収集でトラブル回避。

深夜食堂であがた森魚。
長い時間を経て愛しいひとのもとへ。

NHKで山形発ドラマ「私の青おに」
自分の居場所や、やるべきことを思い返す。

新築マンションの見学。
幾度の審査を経て丁寧につくりあげられた内装を内覧。

別日で周辺を散歩。
アスファルトに残された猫の足跡に笑う。

そこらへんのモデルよりよっぽど綺麗な
長身美人のしたたかかつあたたかい案内に
人生の良き伴侶についてしばし考える。




僕は天使ぢゃないよ [DVD]

僕は天使ぢゃないよ [DVD]

  • 出版社/メーカー: JVD
  • メディア: DVD



A LONG VACATION 30th Edition

A LONG VACATION 30th Edition

  • アーティスト: 大滝詠一
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2011/03/21
  • メディア: CD



DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2016/03/21
  • メディア: CD



Best Always

Best Always

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD



大滝詠一読本 (別冊ステレオサウンド)

大滝詠一読本 (別冊ステレオサウンド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ステレオサウンド
  • 発売日: 2017/03/31
  • メディア: ムック



オリジナル・サウンドトラック「コンスタンティン」

オリジナル・サウンドトラック「コンスタンティン」

  • アーティスト: クラウス・バデルト,ブライアン・タイラー
  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/04/22
  • メディア: CD



コンスタンティン [Blu-ray]

コンスタンティン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



コンスタンティン 特別版 (初回限定版) [DVD]

コンスタンティン 特別版 (初回限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



ハート・ブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

ハート・ブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

PTLR [映画]

170318_1531~001.jpg.

170318_1532~002.jpg

170318_1532~001.jpg

170318_1533~001.jpg

170318_1531~002.jpg





機動警察パトレイバー 全22巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

機動警察パトレイバー 全22巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: ゆうき まさみ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック



機動警察パトレイバー 25周年メモリアルBOOK

機動警察パトレイバー 25周年メモリアルBOOK

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/03/23
  • メディア: 単行本






機動警察パトレイバーREBOOT (特装限定版) [Blu-ray]

機動警察パトレイバーREBOOT (特装限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2017-01-27 [LIFE]

170126_1521~001.jpg

スパイラルで女子美の卒展。
学生の優美な作品に魅入る。
ショップで鶴のオブジェツリーが欲しくなったが
なかなかの価格で
自分でつくれそうだった。
246歩いていたら見覚えのある人に遭遇。
テレビでインタビューを受けてるのを見たような。
誰だったか思い出せず何度か視線が合うものの
会釈っぽい動きをしてすれ違う。
建築家だったかと戻ったオフィスでPC画像検索するも該当者なし。
映画監督?、、、、、あった。
原田眞人さんだった。
ガンヘッドの話を聞いてみたかった。
「三匹のおっさん」再び。
アリキリの片方がエキストラ。
民泊トラブルを描くエピソード。
ゴロウデラックスに売野さん。
geishagirlsの少年という曲が素朴で良かった。
オフィスのトイレで掃除のおばさんに
丁寧なお礼を伝えるサラリマンに遭遇。
二人目。
某社のトイレでは若い女子が掃除していてびっくりしてしまった事があった。
ケントデリカットが最中に話しかけられた話は笑い話。
海外では考えられないデリカシーの問題と
治安の良さを垣間見る。
元ガイナックスの方と仕事することに。
蒼きウル、オネアミス、エヴァンゲリヲン話。
グレンラガン、2階話。
「東京ソナタ」を見る。
稲川淳二ばりに登場する役所広司に吹き出す。
近所のモリタウンで撮影されていて感慨深い。
なけなしの良心とドビュッシーが清々しい。
トーキングフルーツで湊かなえ。
東京に染まらない凛々しさ。
養老孟司氏のグローバルな子育て論。
オラクルマスター、パイソン使いとプログラマ、エンジニア話。
インターンの子と最近のゲーム話。
出社が授業に出たことになる仕組みが非常によろしい。
真の産学共同な稀有なオフィス。
近所で駅伝。
今年、2回目か。
中学生時代に大野先生に誘われて参加したのを思い出す。
順位よりも親しい仲間と協力したのと、その後の御飯が美味しかったのを覚えている。
「予告犯」を見る。
派遣プログラマーの奥深いやさしさが沁みる。
「この世界の片隅に」を「この世界の片隅で」に何度か間違える。
この一文字のニュアンスの違いがおくゆかしい。
名画にある食事をしっかり丁寧に描くのが重要なのを刻む。
M/OTHERを見る。
ダイアローグでつづる機敏な心の動き。
某カジノの収益の9割がVIPで成り立ってる話。
真に賢い富裕層は富の独占はせず、経済が上手くまわるように動く。
明治記念館にふらり。
自衛隊の高官とサラリマン軍団の歓談してるのを
まったりゆったり眺める。
結婚式場に料亭、日本庭園。
優雅な空間。
通勤PSPでヒッチコックの鳥。
ジェシカタンディ 若。
鳥の襲撃シーン撮りの仕上がりがなかなか。
CGにはできない空気。
タイムリーに出淵さんがFBで鳥のムービーをシェアしていて
吹き出す。
K社長の誕生会。
社長に内緒で皆で仕組んだサプライズ。
カクテルタワーに店の写真と違うなどのつっこみに笑いながら
待ち伏せクラッカーを鳴らす。
いい経営者に会うのは稀で参加。
皆さんが好きな事ができる会社にしたい。という言葉が残った。
終電で帰宅してテレビ付けたらトランプの就任式。
実力主義から差別主義に変えてしまう国の代表と、どう接するか。
「ハイライズ」読了。
同じ時期に放送していたタワマンドラマも面白かった。
椎名誠「地下生活者」を読み始める。
地上から地下へ人間のいとなみは続く。
教授と村上龍氏の対談バイト話でビル工事話を思い出した。
職人の方々が仕事後にバスケをする話はみなぎる体力と
ふいの事故や急ピッチの工事にも対応する底力を感じた。
藤本一義氏が新聞に書いていた阪神大震災の出来事で
瓦礫の山から人を助けていたのは、普段、さげすまされているような人たちで
家族連れて国外にさっさと逃げていた某議員に爪の垢を飲ませてやりたくなった。
極限状況で見るひとの本質。
「その街の子供」で巡る復興後の街並み。
西野の絵本後日談が後味悪く。
ひとの善意を利用するのが気持ち悪かった。
いい加減な外資エージェントから年賀状。
返答もいい加減。
いい加減は、いい、加減。
鹿仕様のバイクに跨ったドミノピザ配達人に遭遇。
パシャパシャしてると年間使用のドリンクフリーパスをいただいた。
キャンペーンなのかサービスなのか。
miumiuの看板の上にamazon fashionの広告。
アパレルの世相が反映されていてなんとも。
warheadの関節共通ジョイント機構を練る。
soundstrikeのイメージリファイン。
on the roadのイメージショットアップ。
渋谷駅のプラットフォームにカレーメシのキャンペーンショップ。
試しに食べてみるも雑炊をさらに雑にした感じ。
サマタさんがハジメさんのドット絵。
上手い。
ピクセルアートのゲームもそのうちつくってみたいなあ。
と、山積みの企画書を思う。
クリスブラウンのランボルギーニがオラ悟空仕様になっていて吹き出す。
カニエウェストのAKIRAPVとか可笑しい。
前も山手線で強面の外人の方がセーラームーンのタトゥーで吹いたことがあった。
TOYOTAのコンセプトカーが素晴らしく
映画で使えるといいのだが。
ウィンクする仕様がキュート。
SONGSでスティング。
「デューン」「さらば青春の光」のやんちゃなイメージとは裏腹に
繊細な楽曲を披露する。
今は無きクラブ328で聞いたevery brathe you takeは思い出の1曲。
ロボティクスファームの山道移動システムを考えつつ
車輪、キャタピラより4脚、6脚歩行での試作を思索。
HONDA青山でASIMOくんとUNI-CUBのデモを見る。
元気にジャンプ、走り回り手話もするロボットと記念撮影。
絵の好きな娼婦アンドロイドに高価な画集をプレゼントする
「ブレードランナー」原作のバウンティハンター。
戦場で命を守ってくれた地雷ロボットの残骸を
大事に保管する兵士。
モニターで人間の目に見えないものも捉える
街角に立つペッパーくんの頭を撫でながら
人間と機械、動物と自然にやさしい未来を考える。



トウキョウソナタ [DVD]

トウキョウソナタ [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD



冬のソナタ コンサートDVD featuring Ryu (初回限定版)

冬のソナタ コンサートDVD featuring Ryu (初回限定版)

  • 出版社/メーカー: ネオプレックス
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD



M/OTHER [VHS]

M/OTHER [VHS]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: VHS



終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2011/11/08
  • メディア: DVD



シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-01-15

161214_1617~001.jpg161214_1617~001.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2016-2017 [LIFE]

170110_1311~001.jpg

「南極料理人」を見る。
大味なエビふりゃあとフレンチのフルコース。
夜中のラーメン。
帰郷してからのジャンクフードに舌鼓。
電話交換手との淡い恋路も良。

星野リゾートと中川政七商店の番組を見ていて
現地に行ってみる。
古さと新しさが程よく組み合わさった空間。
ついでに研築工房のショールームにぶらり。
ベッドルームとドレッサーの構成に関心感心。

スパイラルでグルーヴィジョンズの展示。
猫のモーショングラフィックがかわいい。

今年の成人式も大荒れ。
ヤンキー文化は海外のニュースサイトでも取り上げられ
weezerのPVに登場したロケットカウルなども注目のひとつ。

中大の受験の際に同じフロアにいたリーゼントのひとは元気だろうか。
法学部で型破りな容姿で面白そうと思ったが
その後、彼の姿を見ることは無かった。
もっといいところに入って今頃、敏腕弁護士になっていたり。

原田曜平氏の語っていたマイルドヤンキーの経済効果を思いつつ
地元を愛し仲間を愛し綺麗な花を育てていた農家ヤンキーを思い出した。

被災地では厳かに落ち着いた大人の式が行われていた。
逆境が育む強さを垣間見る。

近所で駅伝。
夜遊びから帰宅での朝寝を妨げられる。

恒例のagehaのパーティーに。
今年は父と同郷のDJ KAORIにCREAM
クリームというとエリッククラプトンなのだが
日本のユニットだった。
m-floっぽい。

妖艶なボンテージ花魁のポールダンスに魅入る。
数年前には世界一のポールダンサーは日本人だった。

オリンピックのアニメキャラクターチョイスの失敗や
もっと自国の文化や人を評価、大事にしてもらいたいもんだと思った。

寒さのつのる渋谷駅前でマック赤坂に遭遇。
年を重ねるごとに元気になっている模様。

ジョブズ映画を見ていて月と火星、金星の接近を見逃すも
福田さんが写真をFBにアップしていてくれて拝見。
アシュトンカッチャーのスティーブは
顔立ちや体形、しぐさを忠実に再現していた。

突飛、突出した創造者には堅実なマネージャーが必要で
この組み合わせが成功してるひとが少なかったり。

ラジオパーソナリティと喧嘩したことのある
エレファントカシマシのボーカルが出演のドラマを見る。
石原なんとかの演じるキツそうで優しい女漫画家に萌えた。

楠本さんが約束のsiemonixの一部をアップしてくれて感激。
小学生時分に本屋でしげしげと眺めたSFジオラマをつくっていたひとに邂逅。
PS4や映画で展開できそうな作品。

「ブレードランナー」「エイリアン」の新作予告が公開。
往年の名作の謎に迫る。

ブレードランナー続編には日本製ブラスターが登場。
今年のコミコンはスピナー登場なるか。

ポールマッカトニーが来日で中子さんが仲良かったのを思い出した。
前回は奇妙なロボット人形を連れての訪日でネットでつっこまれていたが
あれは何だったんだろう。

瀬戸内寂聴500日密着ドキュメントを見る。
豪快に語る女のリビドー。
私服が御洒落。
「500日のサマー」もとい「500日の寂聴」。

初夢がシリアルキラーと対峙するという
初っ端から怒涛の展開。
大変が普通みたいな、ゆく年くる年。
小中学校でたしなんでいた剣道を駆使。

去年、近所の河原で起きた全裸死体事件や
銀行強盗、師走の救急車騒動で閑静な都市郊外も、すっかり北斗の拳。

年末、年始に近所のご老体二名が救急車で運ばれる。
口元を手でおさえながら悲痛な表情を浮かべる近所のおばさん。

去年のバザーで買ったドリームキャッチャーの効果か
毎晩、何かしら夢を見るようになったのだが
諸々の事件の影響で毎回、展開が凄まじい。
草原で美女と戯れるとかそういうのがいいんですが。

前もテレビでアクション映画と報道番組を2画面で見ていたら
ニュースの方がアクションを凌駕していた。
震災に政治家の幼稚すぎる汚職、凶悪犯罪の数々
現実社会の方がドラマティックかつ危険に溢れている。

正月の映画の日で劇場に。
ローグワンは去年観たので
「君の名は」「この世界の片隅で」「バイオハザード」「山の郵便配達人」の四択。
初夢があんなんだったので
キャッチコピーよろしく。
アリスの最期を見届ける。

撮影中、第二子を出産したミラジョボヴィッチのマザーアクション炸裂。
バッタバッタと悪党を倒し、面倒くさい人間関係のストレス発散。
ローラの出演が「アルマゲドン」の松田聖子クラスだったが
男社会に悩んでいる婦女子の方々は大いに楽しめる作品ではなかろうか。

テレビでベテラン芸人の体を張った8番勝負。
軽トラ全員乗車etcetc
いい大人が馬鹿なことやって稼ぐシチュエーションがまた面白い。

出演面子が変わってゆく紅白見ながら
METAFIVEにも出ていただきたかったなと思いつつ
Maisie’s Avenueを生で聞きたくなった。

大掃除第二章を惰性で進める。
映画パンフの山に呆然茫然。
映画の日には何かしら観に行っているので
年々増冊。

近所の多摩川で行われた、ちとくさんのワークショップを遠くから眺める。
マツコ・デラックスの番組で見てからというもの絶妙なバランスで石を積む所作に
竹中直人の映画とか思い出した。

楽しみにしていた「ローグワン」を見る。
限定パンフのデザインが大したことなくて通常版にする。
オープニングタイトルもあっさりな出だしで拍子抜け。

メカデザインも旧作にあまり及ばず。
オリジナルの強さを再認識。
CMの構成が巧みで、その予告編の方が仕上がりが良かった。

ラファエルさんからメッセージ。
風邪がつらそうなのでニラ玉と緑茶のススメ。
このコンボはなかなか効果がある。

U.F.O.時代はすらりとした伊達男だったのだが
すっかり太ってしまってびっくり。
ダイエットでもしてまた、スリム伊太利亜紳士に。
あの三人のたたずまいはオシャレだった。

メッセージをしばしやりとりして。
企画中の映画音楽のひとつをオファーすることに。

「El cuerpo」を見る。
キーパーソンの女優が知り合いのおばさんに似ていて
なんだかおくゆかしい。
ちょっと無理目などんでん返しのあるサスペンス。

公園の片隅でサラリマンが隠し芸の練習をしていてクスクス。

沖縄のオスプレイ問題が熾烈に。
少し前に見たリポートで馴染みの食堂のおばさんと
異動する米兵が別れを惜しむエピソードが心に残った。
近所の横田基地からも飛んでいるが毎年、夏には仲良く友好祭を行っている。

シネマシティで一日限定で「サルートオブザジャガー」上映。
チョイスがしぶすぎる。

コンビニでビョークがかかる。
なんという選曲。

千葉大事件の加害者が実名報道。
ひとの痛みを知れ。

プレミアムフライデーの試みや如何に。
仕事の効率化を考えながら
若手二人に昔の徹夜仕事話をしたら驚いていた。

ウォーキングデッドシーズン7を見る。
こういったものを放送して大丈夫なんだろうかな展開。
ゾンビよりも恐ろしい極悪人間登場。

アンビリバボーでジョンベネちゃん事件のその後。
新しい手掛かりを元に振出しに戻る捜査。

山賀さんのブランチがおいしそうだったが
ハッシュタグ、ソロ充に笑う。

ひさびさに、ぽかぽか陽気。
日当たりのよい部屋は暖房いらず。
愛猫とうたたねの至福。

ふわふわの手をそっとかさねてきて
かわいい。

男塾のスタンプが登場。
塾長が宇宙に行ったエピソードはかなり笑った。

知り合いの老練ヘッドハンターがテレビの街頭インタビューに登場。
お台場カジノ構想について語る。
お金はまわるかもしれないが治安悪化の懸念。
トランプの出資したカジノのひとつは失敗に終わっている。

某防衛システムをつくってるひとに会う。
以前、NHKで見た名和利夫氏の電子戦ドキュメントで仲間を探していたが
技術の腕はもちろんのこと良識ある人格者でなければならない。
コードIQやCIAの行っている暗号解読のような人材募集をしてみるといいかもしれない。

近所で死体が発見される。
前に梶野さんと打ち合わせした喫茶店の近所。
高幡不動で起きた事件と似たようなところがあり関連があるのか。

斎藤工が中途退学したシュタイナー教育を推奨する学校との絡みなど
偽幽霊動画暴露話した山口敏太郎など有志が動画解説。

数年前にも身元不明の死体が多摩川で発見されたり
近所に、とんでもないシリアルキラーが潜んでいるのかもしれない。

スティーブンキング「デッドゾーン」に登場した
母親にかくまわれた殺人鬼のエピソードをふと思い出した。
季節ごとに殺人を繰り返すサイコパス。

勝間女史の語る証拠捏造事件にミラーマン事件を思い出しつつ
警察内部も善悪入り乱れながら、
そのうち人工知能の捜査官も登場し
組織運営も諸々変わりそうだと思った。

「レジェンドオブチュンリー」を見る。
あきまんさんのデザインもそっちのけの内容だったが
銃に対する民衆の反撃が素晴らしかった。

NTT ICCで市原さんの展示が開始。
フォローされていたサザエBOTの役割がなんとなくわかった。

ドミノピザがサービス奮発してトラブルに。
そういえば数年前の250万YENバイト募集とか
結局どうなったんだろう。
現場を考えない経営陣はX.

クリスマスで恒例の昭和記念公園の冬の花火。
今年はマンションの廊下から眺める。

「スクラップアンドビルド」を見る。
原作者が「富士ファミリー」の新作に登場。

若野さんのmr.hardoffツイートに笑う。
イラストよりもプロダクトが好きで
家電のデザイン、カラーが素晴らしかった。

SMAPが解散。
ソフトバンクのCMが粋だった。

B社とK社を険悪の仲にした人に遭遇。
社外のひとが余計な動きをして泥沼の版権闘争を生んでしまった模様。
知ったかぶり感から自信過剰な人柄が伺えた。

様々な方から忘年会の誘いが来るも
来年に向けての企画整理や仕込みで自宅で静かに過ごす。

ずっと追ってるジャーナルに笑い転げる。
ルービックキューブ進化しすぎ。

信藤さんより忘年会のお知らせ。
教授も来るとのことで松井さんも誘って伺おうと思いしも
Patinの開発も急ピッチで新年会あればと思いつつ

東北新社、オムニバスジャパンの方々とつくったPV見返しながら
プロトタイプがメール、丸みを帯びたセカンドタイプがフィメールに見えた。
ロボットに性別は必要か。

信藤さんの手掛けたユーミンのアラーム・ア・ラ・モードなど大いに影響を受けた。
会える時に会った方がいいがままならない事もある。
杉山さんのオープンな飲み会も日下部さんの鍋も、またの機会に。

Swordkilljaneの一部、版権化。
万城目氏や「グラビティ」の脚本家問題など
企画流用を防ぐ。

打診先のワーナーが莫大な宣伝費で社員を削ってる状態で
ならばソニーピクチャーズと思いしも、北朝鮮のパロディ映画問題や
スターの個人情報流出事件が尾を引いてタイミングを見る。

2社合同でバジェット組んだ方がいいかと考えていたら
両社が協力して進める
「ブレードランナー2046」がいい前例になってくれそう。

R監督がハリウッドでの大作経験が無さげなので
織田さんと仕事経験のあるM監督にも協力していただくと良いかもしれない。

「のぼうの城」の犬童、樋口両監督二人三脚での仕事ぶりを省みる。
作品も素晴らしかった。

進めてる企画のコンセプトデザイン、スケッチ、イメージフォトをアップ。
制作過程を一部、露出しながら感想、万人の反応を伺うのは
SNS時代の現代でこそできる手法。

人口筋肉の開発に成功したメーカーがいくつかでてきたので
劇中のエクゾスーツをタイアップにするか迷う。

フジテレビで巧妙なモキュメンタリーのシリーズ「放送禁止」スペシャル。
今回はMCに有田哲平でクスクスしながら
サスペンスによく出るジョンリスゴーに似てるなと思った。

留学を隠れ蓑に就業する海外労働者の復讐譚がテーマ。
以前、仕事を断ったC&R社の講師案件がまさにこんな感じで
必死の思いで働きに来た海外の方が稼いだ、お金を学費に取られてしまう仕組み。

いいもの、いいサービスが安い、お金で受けられる、
その対価の裏側を認識しながらベーシックインカムのプロジェクトが成功するといいなと思った。

「オトナの事情」を見る。
叩かれたひとが叩かれたひとを取材というコンセプト。

不法滞在者を雇っていた
トランプのモデル事務所のブラックぶりと矛盾を追及。

メリルストリープの批判スピーチが素晴らしく。
以前はアカデミー賞の裏話も披露していた。

米倉涼子1日で別居記事。
ドクターXは結婚では失敗した模様。
エックスではなくバツがついてしまった。

結婚に向く人とそうでない人の違いを考える。

「六月燈の三姉妹」を見る。
再建に挑む家族。

dena osakaのオファーを断ったら今度はtokyoの案件が来る。
トラブルも多く、稼ぎ方が卑しいソーシャルゲーム市場は、
はやく無くならないかなと思いつつ
担当のhさんがこちらの気乗りの無さを把握していて良かった。

相変わらず続く痛ましいストーカー事件に
動かない動けない警察の組織機構を思いつつ
ガーディアンエンジェルスなども活用するといいかもしれないと思った。
生死にも関わる問題で体面など気にしてる余裕もない。

そのうち警護ロボットの登場で
このあたりのトラブル回避もできるようになるか。
自己犠牲で恋人の為に戦うギルファーは名作。

fbをライフログばりに使いながら
思い出の1曲をシェアしていたら訃報。

ジョージマイケルのfaithを知ったのは車のCMだったか。
じゅわいよくちゅーるマキなどバブル期の華やかな広告が
大好きだった。

帰りの電車ですらりと背の高い高校生に遭遇。
詰襟制服を着こなし、ブレザーもいいけど日本男子といえばこれだ。
大人しい科学の先生をからかう、お行儀の悪い悪童を
一撃で黙らせた力くんを思い出す。 

サイクリングがてらon the roadのロケハン。
janeとは対照的に、こちらは明るい未来社会を描く。
近所にトヨタのデザイン研究所があるのでコンセプトカーなど借りれるといい。

1年のしめくくりの1曲はHome and dry。
成句で、仕事を終え無事に愛しいひとの元へ帰る
家路の曲は心をあたためてくれた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ムジ [TOY]

170104_1803~001.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

A HAPPY NEW YEAR 2017 [邦画]

2017.jpg.
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

merry X [LIFE]

161121_1926~001.jpg.






クリスマスの三つのおくりもの 全3冊 (日本傑作絵本シリーズ)

クリスマスの三つのおくりもの 全3冊 (日本傑作絵本シリーズ)

  • 作者: 林 明子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1992/12/01
  • メディア: 単行本



クリスマス・キャロル (新潮文庫)

クリスマス・キャロル (新潮文庫)

  • 作者: ディケンズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/12/02
  • メディア: 文庫



きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅

きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅

  • 作者: 久保田 由希
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))

  • 作者: なかがわ りえこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1967/06/01
  • メディア: 単行本



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

YMO [邦楽]

15442201_1335341336528952_5531011033043240119_n.jpg




バンド・スコア YMO / ベスト・コレクション

バンド・スコア YMO / ベスト・コレクション




Omiyage―YMO写真集 Goro特別編集 (1981年)

Omiyage―YMO写真集 Goro特別編集 (1981年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1981/04
  • メディア: ペーパーバック



YMO sealed―1978-1983

YMO sealed―1978-1983

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1984/03
  • メディア: 単行本



コンパクトYMO

コンパクトYMO

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 単行本



ピリオド―YMO究極ヴィジュアル・データ

ピリオド―YMO究極ヴィジュアル・データ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1993/10
  • メディア: 大型本



NICE AGE YMOとその時代―1978‐1984

NICE AGE YMOとその時代―1978‐1984

  • 作者: 田山 三樹
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック
  • 発売日: 2006/12/01
  • メディア: 単行本



Yellow Magic Orchestra×SUKITA (TOKYO FM BOOKS)

Yellow Magic Orchestra×SUKITA (TOKYO FM BOOKS)

  • 作者: Yellow Magic Orchestra+鋤田正義
  • 出版社/メーカー: エフエム東京
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 単行本



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

P [memo]

161121_2031~001.jpg





Suicaのペンギン フリースケジュールノートYellow

Suicaのペンギン フリースケジュールノートYellow

  • 作者: さかざき ちはる
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: Diary



Penguin Diary 2017

Penguin Diary 2017

  • 作者: さかざきちはる
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: Diary



Suicaのペンギン手帳2017

Suicaのペンギン手帳2017

  • 作者: さかざきちはる
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: Diary



ペンギンのおかいもの

ペンギンのおかいもの

  • 作者: さかざきちはる
  • 出版社/メーカー: WAVE出版
  • 発売日: 2014/10/03
  • メディア: 単行本



イラストのこと、キャラクターデザインのこと。

イラストのこと、キャラクターデザインのこと。

  • 作者: 坂崎 千春
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 単行本



ペンギンのゆうえんち

ペンギンのゆうえんち

  • 作者: さかざきちはる
  • 出版社/メーカー: WAVE出版
  • 発売日: 2014/10/03
  • メディア: 単行本



ペンギンゴコロ

ペンギンゴコロ

  • 作者: さかざき ちはる
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 単行本



Suica ペンギン刺繍 (オレンジページムック)

Suica ペンギン刺繍 (オレンジページムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: ムック



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター